新相令は租税特赦第2弾ではない、財務省

インドネシア財務省は、20日に発効した財務相令『2017年第165号』はタックス・アムネスティ(租税特赦)制度の第2弾ではないとの見解を示した。新財務相令は、減免措置などで自己申告を促すが、タックス・アムネスティ制度に参加しなかった不正な納税者に対しては徴税を強化する内…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

天然ゴムの輸出30万トン削減、2カ国が合意(21:34)

テイクオフ:小欄ではインドネシアに…(01/16)

トヨタとダイハツが新モデル 小型MPV、競争市場に投入へ(01/16)

EVの奢侈税50%軽減へ、大統領令で(01/16)

18年二輪車出荷台数、4年ぶり700万台突破(01/16)

新日鉄住金ソリュ、東南アでAIサービス(01/16)

洗車の王国、インドネシアに1号店(01/16)

18年貿易収支、4年ぶり赤字転落で過去最大(01/16)

外国人就労者数、9万5千人に=労働省(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン