新相令は租税特赦第2弾ではない、財務省

インドネシア財務省は、20日に発効した財務相令『2017年第165号』はタックス・アムネスティ(租税特赦)制度の第2弾ではないとの見解を示した。新財務相令は、減免措置などで自己申告を促すが、タックス・アムネスティ制度に参加しなかった不正な納税者に対しては徴税を強化する内…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 経済一般・統計政治


その他記事

すべての文頭を開く

西ジャワの繊維上流産業2社が工場を閉鎖(05/25)

プルタミナ、製油所拡張は25年に完了(05/25)

チカンペック高速、大祭前後は通行規制中止(05/25)

電気自動車、産官で温度差 技術開発の投資先行に産業界困惑(05/25)

テイクオフ:「お墓、どうします?」…(05/25)

為替参照、1万4200ルピア台突破(05/25)

ペリー中銀総裁が就任、ルピア安定化に注力(05/25)

1ドル=1万7000ルピア以上進まず、前総裁(05/25)

損保インシュランス、シャリア事業を開始(05/25)

財務相、新優遇税制の草案を今月中に策定(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン