韓国の人材競争力が低下、中国迫る

韓国の優れた人材が海外に流出し、韓国の人材競争力が低下していることが分かった。一方で中国の人材競争力は上昇しており、韓国を追い抜くのは時間の問題とされる。韓国各紙が伝えた。

スイスの有力ビジネススクール、IMD(国際経営開発研究所)の世界競争力センターは26日発表した2017年版の世界人材報告書で、韓国の競争力を100点満点中55.82点と評価した。調査対象の63カ国のうち39位にとどまった。

韓国の順位は13年の32位から16年に38位に低下し、今年はまた一つ下がった。自国の人材を維持し、海外から人材を誘致する能力が低いと見なされた。ただ、学力水準と教育投資では高い評価を受けた。

一方、中国の競争力は13年の48位から16年に42位、17年に40位と徐々に上がり、韓国に迫っている。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

現代自動車グループ、再編計画を撤回(16:10)

4月の生産者物価指数、1.6%上昇(14:07)

4月の訪日韓国人客15%増、同月ベース最多(16:19)

現代自、主力ミニバンの特別限定モデル投入(05/22)

韓国カムシス、ベトナムで超小型EV生産へ(05/22)

フエに観光特区造成、韓国企業の協力を要請(05/22)

テイクオフ:ドルイドキング事件――…(05/21)

LGグループが4代世襲へ 会長の長男、安定した経営環境を(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン