香港HPHが首都港湾拡張凍結、疑惑を嫌気

世界各地で港湾運営を手掛ける香港のハチソン・ポート・ホールディングス(HPH)は、インドネシアの首都ジャカルタにあるタンジュンプリオク港で運営するコンテナターミナルの拡張計画を凍結するもようだ。過去の契約延長に不正疑惑が持ち上がり、当局が捜査を進めていることが…

関連国・地域: 香港インドネシア
関連業種: 経済一般・統計運輸・倉庫社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

国営電力、通貨安でグローバル債発行を延期(19:28)

MRT、駅名の命名権を競売へ(18:21)

中小の法人税率、7月から0.5%に引き下げ(15:23)

テイクオフ:今ではすっかり傍観者と…(05/24)

JJC新理事、新たな60年へ 共栄に向け新たな関係構築を(05/24)

一般道のナンバー規制拡大、アジア大会前に(05/24)

州営MRT、非現金化でゴジェックと提携(05/24)

ゴジェック、ベトナム進出を計画(05/24)

ジャカルタLRT、2期の事業費は7億ドル(05/24)

バタムの商工会議所、経済特区移行に反対(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン