• 印刷する

27日の株価指数483に回復、FMI株けん引

ミャンマーのヤンゴン証券取引所(YSX)の株価指数MYANPIXの27日終値は483.49となり、2016年3月の取引開始以来最低を記録した16日の451.39から上向いた。ただ取引は総じて低調に推移している。

シンガポール取引所(SGX)上場の投資会社SHCキャピタル・アジアが20日、YSX上場の財閥系ファースト・ミャンマー・インベストメント(FMI)など3社から観光事業会社、MMミャンマーを買収する計画を発表。FMIの株価が16日の11,500チャット(約948円)から、20日に12,000チャット、24、27両日に13,000チャットまで上昇し、株価指数が改善した。

株価指数は終値ベースで24日に486.61となり、10月24日の481.88以来、1カ月ぶりに480台を回復した。直近では11月17日に453.94に上がった後、20日に464.27、21日に461.73、22日に463.96、23日には476.27と推移していた。

YSXには、FMIを含む4社が上場している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

EUの制裁検討に強硬姿勢 国際協力相、ASEMで反発(10/23)

東急建設、ヤンゴン―マンダレー線で受注(10/23)

トヨタ、イノーバを発売=今年3モデル目(10/23)

難民キャンプで火災、ロヒンギャ6人死亡(10/23)

ラカイン州、帰還難民向け仮設住宅を準備(10/23)

4Gアナンダとウェーブマネーが提携(10/23)

ヤンゴン管区、車両窓ガラス着色禁止を徹底(10/23)

ミャウー遺跡の寺院、仏像11点破壊される(10/23)

武装勢力と国軍、カヤー州で衝突(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン