• 印刷する

スターハブとノキア、IoTで提携

シンガポールの通信大手スターハブとフィンランドの通信機器大手ノキアは27日、シンガポールでのモノのインターネット(IoT)サービスの共同展開で覚書を交わした。「コネクテッドリビング」「コネクテッドビークル」「コネクテッドビル」の3つの領域で新たにアプリケーションなどを開発し、2018年1~3月期に商業サービスを開始する計画だ。

ノキアはスマートパーキング、環境センサー、ビデオ解析などの展開でスターハブを支援。関連イベントなどを通じて、IoTがもたらす恩恵に関する啓発活動も手助けする。またノキアのベル研究所は、法人顧客にIoTソリューションの導入を促すためのコンサルテーションサービスをスターハブに提供する。


関連国・地域: シンガポール欧州
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シャープなデザインの高…(08/16)

「成功した新興企業」は984社 知名度や創業者の経験などが鍵(08/16)

通産相「米企業は東南アへの投資継続を」(08/16)

現地進出の独企業、現状に満足=商工会調査(08/16)

グラブ、10月のモトGPでパイロット事業(08/16)

日系キーチェーン、100万米ドルの資金調達(08/16)

7月の民間住宅販売、前月の2.6倍に(08/16)

キャピタランド、広州で住宅用地取得(08/16)

ビナミルク、無償増資で3億株発行(08/16)

不動産投資が活発、4~6月の取引額19%増(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン