カジノ入場税、過去最低の1.3億Sドル

シンガポール・トータリゼータ―・ボードが発表した2017年3月期の年次報告書によると、シンガポール人と永住権(PR)保持者が国内2カ所の統合型リゾート(IR)のカジノで支払った入場税は1億3,400万Sドル(約110億8,000万円)となり、カジノが開業した10年以降で最も低い水…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 経済一般・統計商業・サービス観光・娯楽社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:旧正月(春節)の連休は…(02/22)

政府の経済政策に歓迎の声 技術革新に賛同、増税にも理解(02/22)

19年にブラックサンダーを生産 有楽製菓、海外初の生産拠点設置(02/22)

4月の引き締め観測根強く、消費増税先送りも(02/22)

食品最大手、ブラジルに砂糖製造で合弁設立(02/22)

訪日シンガポール人、1月は4%増加(02/22)

武田薬品、神経系疾患の治療で地場同業と提携(02/22)

金の取引回廊で協議、シンガポールなどと(02/22)

オークウッド、品川でサービスアパート開業(02/22)

アブダビと水・電力分野で協力、地場9団体(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン