テイクオフ:韓国の保守が未曾有の危…

韓国の保守が未曾有の危機を迎えている。専門家によるとその内容は以下の3点にまとめられるという。

第1は、「道徳的危機」だ。友人の国政介入疑惑による朴前大統領の罷免で、保守の権威は地に落ちてしまった。第2は、保守は改革や「新しい保守」を叫ぶものの、それを象徴するような、清新かつ有能な人物が見つからない点だ。第3は、離合集散の繰り返しだ。朴槿恵前大統領と距離を置くグループがセヌリ党(現自由韓国党)から離党し、「正しい政党」を結成したものの、党勢が伸びないとなると、今度はそのうちの9人が復党した。旧態以前とした昔ながらの政治に保守離れが止まらず、無党派層が4割近くに達したとの世論調査が出ている。

「保守=積弊(旧体制の弊害)」を叫ぶ文在寅政権。ただ、「前政権への報復」も清算すべき積弊のような気もする。(碩)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

韓国GS建設、地場と合弁で住宅開発に参画(02/23)

昭夫氏の株式保有率が4%に、ロッテHD株(02/23)

サムスン電子、華城工場に新ラインを新設(02/23)

韓国GM、ベア凍結とボーナス不支給か(02/23)

サムスンバイオ、第3工場で初受注に成功(02/23)

現代自の1月販売、3%増の2903台(02/23)

日本産木材、構造材に高需要 木造建築の増加が後押し(02/23)

17年末の家計負債が過去最大、8.1%増(02/23)

韓銀総裁、日本との通貨スワップに関心(02/23)

起亜自動車、インド工場の初出荷は19年3月(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン