台湾の若者が福島映像展、被災地・庶民を記録

【台北共同】台湾の若者らが組織する団体などが24日から、東日本大震災の被災地、福島県の現状を映像や写真で紹介する展示会「福島、元気?」を台北市内の文化施設で開催、多くの台湾人が訪れている。 企画したのは社会事業団体「インパクトハブ台北」で、8月に台湾の六つの団体…

関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

岐阜県、県産製材を売り込み 海外初の常設展、ヒノキなどPR(11/16)

TSMC3ナノ新工場、環境アセス判断先送り(11/16)

合晶が上海工場移転へ、現地政府の要請受け(11/16)

モジュールの聯徳、桃園に工場建設(11/16)

威盛電子、3D撮影技術で米国新興企業と提携(11/16)

TTLが南投工場拡張、ウイスキー好調で(11/16)

年興、アフリカ・レソト新工場は19年稼働(11/16)

昇降機の崇友、東南アジアへの進出検討(11/16)

台中でアウトレット増加、19年は3施設に(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン