通信MPT、プロサッカーリーグと提携

携帯電話サービス最大手の国営ミャンマー郵電公社(MPT)は25日、プロサッカーのミャンマー・ナショナルリーグ(MNL)と戦略パートナー契約を結んだと発表した。若手選手を育成する狙いで、契約期間は2018~20年の3年間。

MNLは1部、2部リーグ、アウン・サン将軍杯、ユース大会などを主催する。ミャンマー・サッカー協会会長を兼務するMNLのゾー・ゾー会長(大手財閥マックス・グループ会長)は「提携を通じてミャンマーのサッカーの発展とともに、地域振興にもつなげたい」と語った。子どもやユース向けに共催する取り組みを後日、発表する。

MPT、KDDI、住友商事の共同事業体MPT―KDDIサミット・グローバル・ミャンマー(MPT―KSGM)の雨宮俊武最高経営責任者(CEO)は、「次世代のサッカー選手や、サッカーを通じた健康的な生活に貢献する。若者が才能を発揮するのを支援したい」と語った。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

マンダレー空港利用者、昨年は132万人に(02/16)

ヤンゴン駅開発、落札企業決定 シンガ・中国と地場連合で始動へ(02/16)

〔寄り道〕ミャンマー人やヤンゴン生活…(02/16)

米製薬企業、首都の工業団地に投資計画(02/16)

教育部門への外国投資に期待、日本からも(02/16)

中国への翡翠輸出が復調、57%増4億ドル(02/16)

宝石TASAKIが奨学金制度創設(02/16)

配車グラブ、企業向けの新サービス開始(02/16)

ヤンゴン空港、中国人客向け「べからず集」(02/16)

ヤンゴン市開発法の新草案、再び批判集中(02/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン