短期国債のレポ取引、預金準備率0%に

フィリピン中央銀行は、ペソ建て短期国債のレポ取引による金融機関の資金調達に適用する預金準備率を0%に設定する。市場参加者のコスト軽減の求めに応じたもので、取引にかかる印紙税の免除と合わせ、レポ取引市場の活性化につなげる。 金融政策委員会(MB)が、銀行規則およ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融・保険政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィリピンは1946年…(02/21)

ASEAN向けは15%減 日本の中古車輸出、緬の規制響く(02/21)

ジプニー近代化政策が前進 優遇対象、8社に限定する案浮上(02/21)

ホンダ四輪、1万台のタカタ製部品無償交換(02/21)

JBIC、電線製造の三ッ星に融資(02/21)

【アジア自動車データ集】二輪販売(305)(02/21)

日本企業がパッキャオと契約、筋トレ機器で(02/21)

第3の通信事業者、政府が暫定条件を公表(02/21)

1月の国際収支、5.3億ドルの赤字に転落(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン