台湾民進党政権を批判、中国政協主席

【北京共同】新華社電によると、中国共産党序列4位の兪正声・人民政治協商会議主席は24日、台湾独立志向の民主進歩党(民進党)の蔡英文政権が発足して以降「両岸(中台)関係の平和的発展の政治的基礎が破壊され、関係は深刻な衝撃を受けている」と述べ、同政権を批判した。中台…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

HTC幹部の流出止まらず、張総経理が起業へ(02/17)

桃園空港MRTの乗客数、延べ2,000万人超え(02/16)

伊藤忠が台北101の第2位株主に、投審会認可(02/16)

新興航空カンボジア・エア、下期に台湾就航(02/16)

テイクオフ:杏仁豆腐が無性に食べた…(02/14)

中原大学の産学連携に期待感 企業が認める大学、私大部門2連覇(02/14)

聯発科と晨星の合併案、中国商務部が条件撤廃(02/14)

友達、持続可能な成長に向けた専門部署を新設(02/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン