• 印刷する

仮想通貨、取引所ルノを単独公認に指定か

マレーシアで仮想通貨が来年から合法化されるのに伴い、政府公認の仮想通貨取引所に、英国系のルノが単独で指定される可能性が出ている。24日付マレーシアン・リザーブが伝えた。

ルノは、国内で活発に営業している取引所の1つで、世界でも有数の規模を持つ。英国のほかシンガポールと南アフリカに拠点を持ち、代表的な仮想通貨であるビットコインとイーサリアムの取引を行っている。

関係筋によると、当局はルノを国内唯一の公認取引所にする方針で、すでに国内事業の拡大を要請しているという。

マレーシア中央銀行(中銀)が仮想通貨を合法化する目的は、取引を監督下に置き、マネーロンダリング(資金洗浄)とテロ資金化を阻止することにある。単独公認が実現すれば、国内の仮想通貨取引は、全てルノに集約されることになる。

■GST課税の可能性

仮想通貨取引が、新たにGST(消費税)の課税対象となる可能性も、業界関係者から指摘されている。現在は非課税だが、合法化によって当局は取引内容の詳細を把握できるため、取引収益の課税も容易になる。


関連国・地域: マレーシア欧州
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

通信塔建設で外国3社と覚書、ICT省(01/21)

エアアジア、ロンボクを拠点空港に設定(01/21)

イケア、ハノイで4.5億ユーロの投資計画(01/21)

タイ・マレー国境の24時間開放、4月に試験(01/21)

吉利集団、中国でロータス車生産へ(01/21)

新車販売、12月は11.9%減 GST撤廃後の消費一服感続く(01/18)

RM=26.4円、$=4.11RM(17日)(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン