シエムレアプでホテル乱立、過当競争に

カンボジアの世界遺産アンコール遺跡群がある北西部シエムレアプ州で、ホテル乱立による供給過剰が原因の値下げ競争が激化している。現地華字紙のカンボジア星洲日報が伝えた。 地場不動産業者ボンナ・リアルティー・グループの集計によると、シエムレアプ州には現在568軒のホテル…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 観光


その他記事

すべての文頭を開く

新輸送基本計画、来年半ばに策定完了(12/06)

シアヌークビルに監視カメラ、600台設置へ(12/06)

大型複合施設ピーク、請負業者を変更(12/06)

南部カンポットで高級別荘、地場・仏合弁で(12/06)

アンコール遺跡群収入、1~11月は14%減(12/06)

新韓銀行、カンボジアで電子決済サービス(12/06)

ビッグC、店舗増設などに来年は230億円(12/06)

越からのFDI、1~11月は4.6億ドル(12/06)

気候リスク指数で日本ワースト、比が2位(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン