テイクオフ:去る日曜日、ジャカルタ…

去る日曜日、ジャカルタ中心部の近代建築を巡るツアーが開催された。1960年代初期に着工されたというスマンギの立体交差路から始まり、イスティクラル・モスクや国会議事堂など主要な場所を巡った。午前6時半から夕方まで丸1日。建築関係団体の共催で、専門家の解説も加えられた。普段は立ち入ることができない場所も見学できた充実した見学会だった。

……ということを後から知った、悔しい。3千万人超の人口を抱えるジャカルタ首都圏では、娯楽や文化、ビジネス関連のさまざまなイベントが毎日あちこちで開催されているが、自分が行きたいと思えるものを見つけるのはなかなか難しい。

割とまじめに情報収集していたつもりだったが、より一層目を光らせる必要がある。まずはいつも要らぬイベント情報をくれる友人に「欲しいのはこういう情報だよ」と念を押した。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:高度成長期の深刻な環境…(11/23)

日本の黒毛和牛を売り込み まずは認知、じっくり輸出拡大へ(11/23)

バイオ燃料の米出荷停止、新たな輸出先模索(11/23)

林業省、丸太の輸出解禁を検討(11/23)

空港鉄道、試験運行は12月初旬に延期(11/23)

海上輸送網、物価下落幅に応じ運航見直しも(11/23)

ガルーダ航空フェア、300万件の予約目標(11/23)

メダンでオートショー、26日まで開催(11/23)

ピルバラ太陽光発電計画、政府融資を申請(11/23)

三菱自、カラワン初の乗用車ディーラー開所(11/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン