• 印刷する

首相が内政干渉に注意求める、トランプ氏に

カンボジアのフン・セン首相は、フィリピンの首都マニラで開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会談の席で、トランプ米大統領に対し、在カンボジア米国大使館による政策批判を注意するよう求めた。プノンペン・ポスト(電子版)が14日伝えた。

フン・セン首相は、トランプ大統領の人物やリーダーシップには敬意を示した上で、在カンボジア米国大使館の職員が内政干渉しているとの考えを示した。

同首相は「野党勢力から金と軍隊を使った独裁者と攻撃された」と主張。「トランプ大統領は内政干渉に消極的で、米国民がこれにならえば友人が増えるだろう」と持論を展開した。

対米債務の帳消しについても、開発支援に切り替えるよう求めた。米国が返済を求める債務は、1972~74年のロン・ノル政権が米農務省から借りた2億7,400万米ドル(約311億円)。現在は利子などを含め、5億米ドル相当に達しているという。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

固定資産税の納付期限、9月末に設定(06/05)

1~2月のFDI認可額、52%減少(06/05)

倉庫需要が年初から減退、コロナの影響で(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

タクマオの上水整備、JICAが34億円支援(06/04)

コロナで縫製256工場が閉鎖、13万人に影響(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン