• 印刷する

三井金属、ス州工場の生産工場をさらに増強

三井金属は14日、マレーシア・スランゴール州の自社工場に追加投資し、スマートフォン向け半導体のパッケージ基板などに使用されるキャリア付極薄銅箔の生産を増強すると発表した。

同社は今年5月、スランゴール州の子会社ミツイ・カッパーフォイル・マレーシアと埼玉県の上尾事業所の合計生産能力を月産270万平方メートルから330万平方メートルに増強すると発表した。これに伴い、マレーシア工場の生産能力を2018年7月から180万平方メートルに拡大する計画だった。これを今回さらに増強し、2018年11月以降に月産240万平方メートル体制とする。合計生産能力は390万平方メートルになるという。

ミツイ・カッパーフォイル・マレーシアは三井金属の100%出資会社で、資本金は3億3,000万リンギ(約89億5,196万円)。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 鉄鋼・金属

その他記事

すべての文頭を開く

RM=27.2円、$=4.12RM(21日)(09/21)

8月新車販売、免税で各社拡大 プロドゥア乗用車シェア3割維持(09/21)

キヤノン、上位ミラーレスカメラを来月発売(09/21)

筑波大マハティール首相に訪日要請、分校も(09/21)

ナジブ前首相、資金洗浄など25件で再起訴(09/21)

RM=27.1円、$=4.13RM(20日)(09/21)

KTM複線改良工事2期、発注取り消し(09/21)

接続性に優れた空港、KLIAは世界12位(09/21)

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

エアアジア、インドにIT子会社設立(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン