三井金属、ス州工場の生産工場をさらに増強

三井金属は14日、マレーシア・スランゴール州の自社工場に追加投資し、スマートフォン向け半導体のパッケージ基板などに使用されるキャリア付極薄銅箔の生産を増強すると発表した。

同社は今年5月、スランゴール州の子会社ミツイ・カッパーフォイル・マレーシアと埼玉県の上尾事業所の合計生産能力を月産270万平方メートルから330万平方メートルに増強すると発表した。これに伴い、マレーシア工場の生産能力を2018年7月から180万平方メートルに拡大する計画だった。これを今回さらに増強し、2018年11月以降に月産240万平方メートル体制とする。合計生産能力は390万平方メートルになるという。

ミツイ・カッパーフォイル・マレーシアは三井金属の100%出資会社で、資本金は3億3,000万リンギ(約89億5,196万円)。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 鉄鋼・金属

その他記事

すべての文頭を開く

仮想通貨、来年から合法化 中銀の監視下で取引を透明化(11/24)

【アジア三面記事】俺の王国(11/24)

ペトロナス3Q、前年同期比64%の大幅増益(11/24)

日マ経済協議会、成長分野で投資を呼びかけ(11/24)

徳島からマレーシアへ牛肉、輸出前に式典(11/24)

来年にも高所得国入り可能か、政府研が予測(11/24)

18年に0.5ポイント利上げ、メイバンク予想(11/24)

RM=27.0円、$=4.11RM(23日)(11/24)

RON92回帰の声も、燃油価格上昇に反発(11/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン