三井金属、ス州工場の生産工場をさらに増強

三井金属は14日、マレーシア・スランゴール州の自社工場に追加投資し、スマートフォン向け半導体のパッケージ基板などに使用されるキャリア付極薄銅箔の生産を増強すると発表した。

同社は今年5月、スランゴール州の子会社ミツイ・カッパーフォイル・マレーシアと埼玉県の上尾事業所の合計生産能力を月産270万平方メートルから330万平方メートルに増強すると発表した。これに伴い、マレーシア工場の生産能力を2018年7月から180万平方メートルに拡大する計画だった。これを今回さらに増強し、2018年11月以降に月産240万平方メートル体制とする。合計生産能力は390万平方メートルになるという。

ミツイ・カッパーフォイル・マレーシアは三井金属の100%出資会社で、資本金は3億3,000万リンギ(約89億5,196万円)。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 鉄鋼・金属

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:長野県生まれだが、故郷…(02/21)

総選挙日程に熱視線 融和か盤石の勝利か、区割り焦点(02/21)

総選挙、期日前投票の登録受け付け開始(02/21)

RM=27.4円、$=3.90RM(20日)(02/21)

ランヒル、タイで水処理施設の改修を受注(02/21)

ロハス、電力テナガから送電網2事業を受注(02/21)

ゴム手袋輸出が過去最高、世界で6割がマ製(02/21)

REIT業界、今年の利益成長率は6%(02/21)

消費財キノ、マレーシア企業と合弁2社設立(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン