• 印刷する

越国営通信とNNA、提携強化へ覚書締結

MOUを締結し、記念品を交換するVNAのロイ社長(写真右)とNNAの岩瀬社長=10日、ハノイ

MOUを締結し、記念品を交換するVNAのロイ社長(写真右)とNNAの岩瀬社長=10日、ハノイ

国営ベトナム通信(VNA)とNNAは10日、提携強化に向けた覚書(MOU)を結んだ。VNAの経済部とNNAが、日越企業向けのセミナーの開催や、両社の人材交流の促進などに向けて協議を進める。

VNAは2015年にNNAと提携し、ベトナム経済に関するNNAの情報配信を支援している。10日にはハノイでVNAのグエン・ドゥック・ロイ社長とNNAの岩瀬彰社長が会談。VNAのロイ社長は、同日に大筋合意に達した米国抜きの環太平洋連携協定(TPP)に触れ、「TPPでは日本がリーダーの立場であり、同協定に共に参加する日本とベトナムの協力関係は、今後も深化していく」とし、「VNAとNNAが、双方向の協力関係を構築し、両国の投資促進を支援したい」と話した。

NNAの岩瀬社長は、NNAベトナムが設立されて以来の、VNAの支援に対して感謝の意を表明。「日系の中小企業にとってベトナムは最も有望な投資先であり、進出は今後も増加する」との見通しを示し、「VNAとNNAが協力して両国企業の交流を支援する意義は大きい」と述べた。会談では、ベトナム企業と在越の日系企業向けイベントの共催、両社の人材交流の促進などについて意見を交換し、具体的に協議していくことで合意した。

ロイ社長はVNAのアルゼンチン支局長などを歴任し、11年から現職。15年からはベトナム共産党の中央委員に選出されている。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ビンズオン省のFDIが好調 外資誘致の恩恵、省の対応が好評(12/19)

日産、タンチョンとの合弁を来年9月に解消(12/19)

バンコク航空、来年1月にカムラン線就航(12/19)

ダナン、30年までに運輸インフラに14兆ドン(12/19)

外国人犯罪の摘発、中国人が75%(12/19)

韓越企業が提携、南部に複合ビル建設で(12/19)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(347)(12/19)

アスコット、ビンズオンにサービスアパート(12/19)

三栄建築設計、不動産ネットランドと提携(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン