森林伐採企業、税逃れか 環境破壊批判

【共同】インドネシアの製紙パルプ大手「エイプリル」が、銀行融資を受ける際、タックスヘイブン(租税回避地)の複数の子会社を通すことで租税回避した疑いのあることが8日「パラダイス文書」の分析で分かった。得た資金でさらに大規模森林伐採など開発を進め、環境を破壊したと…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 経済一般・統計農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ジャカルタ近郊の避暑地…(02/26)

【この人に聞く】デング熱を簡単に家庭で防御 九州メディカル、駆除剤販売(02/26)

財務相、セダンの奢侈税見直しを表明(02/26)

自動車輸入制限、インドネシアが是正要請(02/26)

エアアジア、シランギット空港のハブ化計画(02/26)

バリ島新空港、北部海上に建設を計画(02/26)

西カリマンタン州の内陸港、年内に完成(02/26)

中国セメント大手、国内第2工場に5億ドル(02/26)

韓国GS建設、地場と合弁で住宅開発に参画(02/26)

インフラ工事36件を停止、監査に最長2週間(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン