排水処理の新政令案が波紋 3日間の貯蔵義務、商工会が反対

生産施設での処理後排水について、水質管理のために最低72時間を貯蔵できる施設の設置を義務付ける新たな政令案に対して日本企業の間で懸念が広がっている。72時間という根拠が不明確なことに加えて、既に排水処理対策を行っている企業にとっては、大きな追加コストとなる。ホーチ…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年のバレンタインデー…(02/23)

機器回収、アップルなど先導 循環型経済へ課題と商機(上)(02/23)

【アジア三面記事】社内恋愛に国の関与必要?(02/23)

チュオンハイ、乗用車シェア30%目指す(02/23)

HCM市、児童生徒の15~20%をバス通学に(02/23)

ハノイ市、物流開発計画を承認(02/23)

国内航空4社、1月の定時運航率89%(02/23)

ハイオク、今年初の価格引き下げ(02/23)

台プラ越製鉄所、地場企業からの出資受け入れ(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン