排水処理の新政令案が波紋 3日間の貯蔵義務、商工会が反対

生産施設での処理後排水について、水質管理のために最低72時間を貯蔵できる施設の設置を義務付ける新たな政令案に対して日本企業の間で懸念が広がっている。72時間という根拠が不明確なことに加えて、既に排水処理対策を行っている企業にとっては、大きな追加コストとなる。ホーチ…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

イオン購買、越から2百億円 アパレルは中国からシフト(06/22)

【アジア三面記事】78歳の女性が妊娠か(06/22)

ウーバーと税務局、追徴めぐり和解協議へ(06/22)

ベトジェット、韓国大邱―ダナン線就航へ(06/22)

バンブー航空、今年末に就航か(06/22)

中部火発案件、中越JVに事業主変更か(06/22)

太陽光発電、ニントゥアン省で月内着工(06/22)

通信ベトテル、ミャンマーで100万件加入(06/22)

日系コンサル、マリタイム銀と組み進出支援(06/22)

小売サトラ、ホーチミン市の病院に店舗(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン