社内のセクハラ、企業は厳しい対処が原則

企業が社内の性犯罪にどう対処しているか。このほど家具・インテリア大手のハンセムとクレジットカード大手の現代カードの社員による性的暴行事件が相次ぎ報じられたことで、企業イメージとリスクの両方を管理することに対する必要性が高まっている。すでに対策を講じた企業の例を…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

米産などのスチレン、AD措置を正式決定(06/22)

米ロボット開発企業に出資、LG電子(10:54)

現代自がアウディと提携 FCVの開発加速、特許を共有(06/22)

ムーディーズ、サムスン電子格付け引き上げ(06/22)

最低賃金引き上げ、類例ない水準=OECD(06/22)

ベトジェット、韓国大邱―ダナン線就航へ(06/22)

公取委の企業調査・再就職不正、検察が捜査(06/22)

LGイノ、自社半導体をカーシート向け供給(06/22)

錦湖石化、手術用ゴム手袋の原料を増産(06/22)

LS電線、印に電力用超高圧ケーブルを供給(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン