社内のセクハラ、企業は厳しい対処が原則

企業が社内の性犯罪にどう対処しているか。このほど家具・インテリア大手のハンセムとクレジットカード大手の現代カードの社員による性的暴行事件が相次ぎ報じられたことで、企業イメージとリスクの両方を管理することに対する必要性が高まっている。すでに対策を講じた企業の例を…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最も好きな韓国料理「ア…(11/20)

危機の自動車部品メーカー 上場社の過半が売り上げ減少(11/20)

日韓商工会議所の会議が延期、徴用工判決で(11/20)

LGグループ、新会長の下で経営革新か(11/20)

半導体や石化、19年は後退局面の予想(11/20)

仁川港湾公社、海外拠点を上海と越に移転(11/20)

現代自が米大学と協業、モビリティー分野で(11/20)

中アルミ企業が韓国進出か、米中貿易戦争で(11/20)

韓国の済州航空、越路線の開拓計画を発表(11/20)

SK、在韓米軍への油類供給で談合(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン