• 印刷する

EU、豪・NZと牛肉など焦点にFTA交渉

欧州連合(EU)の議会代表団が10月30日から11月2日までオーストラリアとニュージーランド(NZ)を訪問し、両国との自由貿易協定(FTA)の交渉を行っている。交渉の焦点はオーストラリア・NZ産牛肉の関税引き下げと、ワインの名称「プロセッコ」の地理的表示をめぐるオーストラリアとイタリアの対立の解決などで、2年内の締結を目指す。10月31日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

EUはオーストラリアにとって第3位の貿易相手で、オーストラリアとEU間での年間取引額は680億豪ドル(約5兆9,000億円)を超えるが、EU市場ではオーストラリアとNZに対して厳しい規制や高い関税が導入されている。特に牛肉の関税が高く、オーストラリアとNZの農家は引き下げを望んでいる。


関連国・地域: オーストラリアニュージーランド欧州
関連業種: 食品・飲料農林・水産天然資源マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:禁煙には内服薬が効果的…(06/19)

インフラ・教育に1千億$超 NSW州予算案(06/19)

デジタル銀行ドー、マネックス出資で上場へ(06/19)

INPEX、NT沖合のイ領海LNG開発へ(06/19)

JFEスチールと豪科学機構、共同研究で合意(06/19)

豪の労働者、ギグエコノミー型の就労は7%(06/19)

資源ピルバラ、WAのリチウム原料生産縮小(06/19)

所得税減税、実施なければ高所得層に不利益(06/19)

豪のEV販売シェア、2023年でもまだ4%(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン