臨時保健相にドゥケ氏、アロヨ時代から再び

フィリピンの大統領広報推進戦略企画局(PCOO)は26日、公務員保険機関(GSIS)総裁のフランシスコ・ドゥケ氏を臨時の保健相に任命したと発表した。同氏はアロヨ政権時代の2005~10年に保健相を務めた。前任のウビアル保健相は今月10日、職権乱用の疑いなどで上下両院議会…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「セブにいい店ないかな…(06/20)

レオパレスが日本語人材教育 同社初、日本の人材不足解消へ(06/20)

東南アの訪日者、5月は7%増の32万人(06/20)

セブ航空、新型31機を68億ドルで発注(06/20)

輸入通関の期限、荷下ろしから7日に短縮(06/20)

通信会社変更しても番号維持、来年から開始(06/20)

デジタルサービスへの信頼は5割以下(06/20)

韓比FTAでEV優遇を、現代自動車(06/20)

コーヒー輸入制限の撤廃、インドネが再要請(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン