• 印刷する

テイクオフ:趣味の一つに靴の収集が…

趣味の一つに靴の収集がある。所有数はかれこれ数十足に上るが、最近ドイツの某スポーツ用品メーカーのランニングシューズを上海で購入した。

同モデルの特徴は柔らかな履き心地。靴底に弾力があり、足を入れるとふわふわと浮いているような感覚になる。今年に入って重い腰痛と付き合っているが、2万5,000歩ほど歩いた日でもこの靴のおかげで平気だった。1足1,400元(約2万4,000円)という値段に買うときはずいぶん悩んだが、今は価格以上の価値があると満足している。

履き始めると外出時に同じ靴を履いた人がよく目につくようになった。多くが見たところ20~30代くらいの若者だが、ベビーカーを押して歩くお婆さんまで愛用していたのには驚いた。自ら買ったかプレゼントされたかは不明だが、世界のスポーツ用品メーカーが中国で販売を競う理由が少し分かったような気がした。(祐)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中国再参入の計画ない、グーグルの検索サービス(12/13)

テイクオフ:会社からの帰り道。広州…(12/13)

中国人客の呼び戻し策を強化 ビザや税優遇、航空大手は赤字も(12/13)

EVの充電環境さらに改善へ 政府4部門、3年で「6大任務」(12/13)

中国が米車関税引き下げ、摩擦解消へ一定譲歩か(12/13)

シルフィが首位、11月のセダン販売(12/13)

18年半導体設備出荷額、台湾は3位=SEMI(12/13)

香港の柴犬キャラ、権利供与で事業拡大へ(12/13)

ビジネス環境評価、20年までに順次対象拡大(12/13)

華為CFOの保釈、カナダ裁判所が認める(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン