大企業のブランド使用料、公取委が対応へ

韓国の大手企業グループの持ち株会社がグループ会社から「商標権使用料」の名目でブランド使用料を受け取っていることに対し、公正取引委員会が適正な手数料受け取りに向けた措置を検討していることが18日、分かった。韓国各紙が伝えた。 公取委は2015年に株式持ち合い制限対象の…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

11月の韓国車販売15%減 半導体不足で、変異株の行方が鍵(12/03)

新規感染者5266人、過去最多を更新(12/03)

ワクチン完了6.5万人増、接種率8割超(12/03)

18~49歳の追加接種、4日から実施へ(12/03)

ネイバーZ、ソフトバンクなどから投資誘致(12/03)

国際線予約が一転再開、邦人帰国に対応へ(12/03)

現代自やGMなど5社、5.7万台をリコール(12/03)

航空会社が政府判断で混乱、顧客の照会に追われ(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン