SGXとナスダックが提携、二重上場可能に

シンガポール取引所(SGX)は18日、米ナスダックと提携することで合意したと発表した。企業の国境を越えた資本市場での資金調達を支援するのが狙いで、両取引所に二重上場できるようにする。

両取引所は二重上場のほか、◇ナスダックがレベル1の米国預託証券(ADR)の店頭市場での取引を促進するため導入している「インターナショナル・デジグネーション」プログラムへのSGX上場企業の参加◇北米、アジアでのマーケティング活動の促進◇両取引所に上場する場合の手続き簡素化――でも協議を開始した。

SGXは2009年、ノルウェーのオスロ取引所と同様の提携を結び、一方の取引所に上場する企業がもう一方の取引所に上場することを認めている。


関連国・地域: シンガポール米国欧州
関連業種: 経済一般・統計金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールで2度目の…(02/21)

ASEAN向けは15%減 日本の中古車輸出、緬の規制響く(02/21)

政府の経済政策、企業のイノベーション推進(02/21)

リー首相「経済政策は戦略的かつ包括的」(02/21)

【アジア労務データ集】失業率・就業者数(152)(02/21)

卸売り販売額、10~12月期は6%上昇(02/21)

東京都、シンガポール進出支援コースの募集(02/21)

NECの顔認証、OCBCでの試験導入で成果(02/21)

チワタイ、低層住宅重視で新規開発7件(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン