発電メガファースト、中国事業から撤退

発電・資源事業を主力とするマレーシアのメガファースト・コーポレーションは、中国・浙江省紹興市での熱電併給発電所事業に関する合弁契約を更新せず、事業から撤退する方針だ。契約は今年10月22日で期限切れとなる…

関連国・地域: 中国ラオスマレーシア
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:イスラム教徒が多い国だ…(11/23)

シャープ、8Kテレビを来年投入 将来はジョ州で一部生産(11/23)

所得下位40%への燃油補助を示唆=第2財相(11/23)

SOCSO、来年1月にウェブサービス開始(11/23)

東海岸鉄道、生態系保護に地下トンネル設置(11/23)

RM=27.2円、$=4.11RM(22日)(11/23)

3油種とも下落、RON95は2.30リンギ(11/23)

インソン、日系企業に子会社株26%を売却(11/23)

ペトロナス、ビントゥル港でLNG冷却事業(11/23)

ペトロナス、船舶間のLNG積み替え実施(11/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン