発電メガファースト、中国事業から撤退

発電・資源事業を主力とするマレーシアのメガファースト・コーポレーションは、中国・浙江省紹興市での熱電併給発電所事業に関する合弁契約を更新せず、事業から撤退する方針だ。契約は今年10月22日で期限切れとなる。国営ベルナマ通信が17日に伝えた。 メガファーストは撤退理由…

関連国・地域: 中国ラオスマレーシア
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「バナリパ」がマレーシ…(02/26)

1月の乗用車販売、横ばい SUVは35%増と好調(02/26)

芝浦工大ロボットセミナー開催=日本人学校(02/26)

RM=27.2円、$=3.91RM(23日)(02/26)

エアアジア、シランギット空港のハブ化計画(02/26)

ナザ、工場の株式6割を仏PSAに売却か(02/26)

BMW、KLに8シリーズのパビリオン開設(02/26)

カンクン、マレーシアに太陽光発電所建設(02/26)

ガスマレーシア、ペラ州にパイプライン建設(02/26)

突然辞任のPOS前CEO、エアアジア移籍(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン