1~9月の自動車輸入額、前年同期比23%増

インドネシア中央統計局は、今年1~9月の自動車と自動車部品の輸入額が前年同期比22.6%増の49億米ドル(約5,498億8,200万円)だったと発表した。非石油ガス輸入額951億4,000米ドルの5.2%を占めた。18日付インベストール・デイリーが伝えた。

インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)のジョンキー副会長によると、輸入車は販売台数の少ないモデルや国内生産が不可能なモデルの完成車(CBU)と完全組み立て生産(CKD)車。輸入国は、日本や韓国、スウェーデン、タイ、インド、マレーシア、イギリス、ドイツ、中国、フランスなど。輸入部品は、大半が日本製だった。

ジョンキー副会長は、9月の国内の新車販売台数が前月比1割減となったことについて、8月に開催した国内最大のモーターショー「ガイキンド・インドネシア・インターナショナル・オートショー(GIIAS)2017」で新車販売が加速したことの反動と分析。年末には販売台数増加が確実だとして、通年販売台数は前年並みの106万台に達すると予測した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ゴジェック、ゴーペイで電気料金支払い可能(16:43)

ブラックベリーの新製品発売、価格は7万円(15:52)

SUVをフルモデルチェンジ トヨタとダイハツ、ニーズ重視(11/24)

【アジア三面記事】俺の王国(11/24)

工業団地ブカシ・ファジャール、新ロゴ披露(11/24)

バタム市最低賃金、来年は352万ルピア(11/24)

東ジャワ州の2018年の最低賃金(11/24)

西ジャワ州の2018年の最低賃金(11/24)

バンテン州の2018年の最低賃金(11/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン