テイクオフ:例年より大幅に遅れ、今…

例年より大幅に遅れ、今月3日になってインドネシア政府がやっと発表した来年の祝祭日と有給休暇一斉消化日。コンサルティング会社に関連の問い合わせが少なくなかったというから、発表の遅れに困っていた企業は結構あったことだろう。弊社もカレンダー作成に支障をきたした。

ところで発表翌日の4日、地元紙数紙をめくって少し驚いた。来年の祝祭日発表の記事が全く載っていないではないか。探しても探してもそれらしい記事は見当たらない。来年のカレンダーは国民の関心事ではないのか?と、その時は首をかしげてしまった。

もっとも、地元紙の電子版などニュースサイトは発表当日に報道していたことから、新聞社側が「もう既に世間に知れ渡ったこと。紙面に載せるまでもない」と判断したのかもしれない。活字媒体と先進メディアの「すみ分け」事例ということか。(和)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ゴジェック、ゴーペイで電気料金支払い可能(16:43)

ブラックベリーの新製品発売、価格は7万円(15:52)

SUVをフルモデルチェンジ トヨタとダイハツ、ニーズ重視(11/24)

【アジア三面記事】俺の王国(11/24)

工業団地ブカシ・ファジャール、新ロゴ披露(11/24)

バタム市最低賃金、来年は352万ルピア(11/24)

東ジャワ州の2018年の最低賃金(11/24)

西ジャワ州の2018年の最低賃金(11/24)

バンテン州の2018年の最低賃金(11/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン