• 印刷する

広州交易会1期開幕、堅調な貿易が追い風に

毎年春と秋に開かれる中国最大規模の展示商談会、第122回中国進出口商品交易会(広州交易会)が15日に広州市で開幕した。出展企業数は2万5,049社で、第121回(2017年春季、2万4,718社)と比べて1.3%増加した。広州交易会の徐兵スポークスマンは、中国全体の貿易が堅調に推移していることが広州交易会にもプラスに働いているとの認識を示した。

中国証券報系のニュースサイト中証網などが伝えた。徐スポークスマンは、中国の今年1~9月の貿易総額が20兆2,900億元(約344兆4,000億円)に達し、前年同期から16.6%増加したことを紹介した上で、中国の貿易の好調さが広州交易会の関連データにも反映されていると述べた。海外から中国製品の買い付けに訪れるバイヤーの人数は第119回(16年春季)から第121回(17年春季)まで3回連続で増えており、今回も安定的に増加すると見込まれている。

今回の展示面積は前回とほぼ同じ118万5,000平方メートル、展示ブース数は前回(6万219ブース)から247ブース増の6万466ブース。開催期間は第1期が19日まで、第2期が23~27日、第3期が31日~11月4日。それぞれの期間の展示商品は◇第1期:電子・電気製品、照明器具、自動車部品、工具、建築材料など◇第2期:日用消費財、贈答品、家具など◇第3期:オフィス用品、レジャー用品、食品、医薬保健品、靴、アパレルなど――となっている。

海外から中国製品の買い付けに訪れたバイヤーで賑わう広州交易会の会場=15日、広州市(新華社)

海外から中国製品の買い付けに訪れたバイヤーで賑わう広州交易会の会場=15日、広州市(新華社)


関連国・地域: 中国-広東
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

マカオのCTM、騰訊とクラウドで提携(20:27)

「春運」の鉄道切符、23日に販売開始(17:07)

テイクオフ:台湾の著名なパン職人、…(12/19)

テイクオフ:日本からの視察が引きも…(12/19)

【改革開放40年】(4)創新と創業 勃興する新産業、発信の時代へ(12/19)

改革開放「とことんまで」、40周年で習氏(12/19)

銀行「スキルギャップ」、業界6割が認識(12/19)

自動車産業投資で新規定、EVも管理を強化(12/19)

外国人犯罪の摘発、中国人が75%(12/19)

本土向け生保の販売拡大を、金発局が提言(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン