タイ・ビバ、蒸留酒大手MDCの75%株取得

シンガポール取引所(SGX)上場のタイ飲料最大手タイ・ビバレッジは12日、ミャンマー最大の蒸留酒メーカー、ミャンマー・ディスティラリー(MDC)の株式75%を取得したと発表した。取得総額は7億4,160万米ドル(約830億円)。

完全子会社インターナショナル・ビバレッジ・ホールディングス(シンガポール)を通じ、株式を取得した。資金は内部留保と銀行からの借り入れで賄った。米テキサス・パシフィック・グループ(TPG)傘下の投資会社TPGキャピタルから約5億米ドルで50%株、他の投資家から残る25%を取得したとみられる。

TPGは2015年12月、約1億5,000万米ドルでMDCの50%株を取得していた。TPGが事業・収益性の改善を支援し、短期間で業績を改善させたことで資産価値が高まったとみられる。

MDCは1995年設立。最大都市ヤンゴンと第2の都市マンダレーに工場を構え、ウイスキー「グランド・ロイヤル」「へロー」やラム、ジンといった蒸留酒、ワインクーラーなどを製造している。従業員数は2,500人超で、卸売業者1,300社、小売店2万店以上と取引している。


関連国・地域: タイミャンマーシンガポール米国
関連業種: 食品・飲料金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

バガン遺跡地区、住民の生活規制を緩和(12/15)

通信TMH、公募増資へ 1月上場、説明会盛況(12/15)

港湾手続き電子化へ 日本が支援、モノの流れ円滑に(12/15)

ASEANでネット普及支援 インド政府、人材開発でも協力(12/15)

【外国企業の日本戦略】画像認識技術で自動運転 【第12回】センスタイム、ホンダと開発へ(12/15)

〔寄り道〕ミャンマー生活に欠かせない…(12/15)

インフラ整備協力推進、日緬首脳会談(12/15)

東部ミャワディ都市開発、吉林亜泰が投資か(12/15)

トヨタ製造会社、1~11月輸出が過去最多に(12/15)

配車ハロー、競争法違反でグラブを訴え(12/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン