テイクオフ:近い将来、切符や交通系…

近い将来、切符や交通系ICカードなどをかざすことなく、鉄道の改札口を通過できるようになりそうだ。シンガポールで先週開催された「未来の交通」に関する技術の展示会で、ブルートゥースやRFID技術を活用したシステムがお披露目された。来年から同国のMRT(地下鉄・高架鉄道)の一部駅で試験導入される見通しだ。

日本では昔、改札口に駅員が立って一人一人切符を切り、定期券を目視で確認していた。それがいつからか導入された自動改札機に切符や定期券を通すように。さらに交通系ICカードや対応アプリの普及で、カードやスマホをかざすだけで済むようになった。

新たに「ハンズフリー」システムが導入されれば、カードやスマホを取り出す必要さえなくなるわけだ。まさに日進月歩。便利になるのはありがたいが、昔を知る身としては、切符を切る駅員の名人芸がふと懐かしくもなる。(墺)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信運輸・倉庫社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

GDPを100億米ドル押し上げ 企業のデジタル化、21年までに(02/23)

アベジャ、国立大と人工知能分野で連携(02/23)

【アジア三面記事】社内恋愛に国の関与必要?(02/23)

SIA、パース便にボーイング最新鋭機を投入(02/23)

チャンギ子会社、サウジの空港運営権を喪失(02/23)

トレノケート、5カ国でアマゾン研修機関に認定(02/23)

オスロ証取、EMASオフショアに上場廃止処分(02/23)

POSB銀、外国人労働者向け会員制度導入(02/23)

金融庁、店頭デリバティブ取引の新規制提案(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン