テイクオフ:近い将来、切符や交通系…

近い将来、切符や交通系ICカードなどをかざすことなく、鉄道の改札口を通過できるようになりそうだ。シンガポールで先週開催された「未来の交通」に関する技術の展示会で、ブルートゥースやRFID技術を活用したシステムがお披露目された。来年から同国のMRT(地下鉄・高架鉄道)の一部駅で試験導入される見通しだ。

日本では昔、改札口に駅員が立って一人一人切符を切り、定期券を目視で確認していた。それがいつからか導入された自動改札機に切符や定期券を通すように。さらに交通系ICカードや対応アプリの普及で、カードやスマホをかざすだけで済むようになった。

新たに「ハンズフリー」システムが導入されれば、カードやスマホを取り出す必要さえなくなるわけだ。まさに日進月歩。便利になるのはありがたいが、昔を知る身としては、切符を切る駅員の名人芸がふと懐かしくもなる。(墺)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信運輸・倉庫社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

25年には小切手ゼロ社会に 政府、電子決済の普及促進で(06/22)

日東電工、海水淡水化施設の逆浸透膜を受注(06/22)

【アジア三面記事】78歳の女性が妊娠か(06/22)

マイリパブリック、携帯サービスを本格開始(06/22)

デジタル競争力ランク、世界2位に後退(06/22)

米エクソン、新たな2つの生産設備を稼働(06/22)

西部LRT、7月から日曜日の営業再開(06/22)

マイスクエア、携帯決済マイペイを買収(06/22)

上半期にM&A活発化、前年同期比19%増(06/22)

STエンジ、無人車セキュリティーで提携(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン