日本人向けラウンジ、HCM市中心部に

ホーチミン市中心部に日本人向けの時間制ビジネスラウンジがオープンする

ホーチミン市中心部に日本人向けの時間制ビジネスラウンジがオープンする

ホーチミン市中心部に日本人ビジネスパーソン向けの時間制ラウンジがオープンする。出張者が作業をしたり、空き時間にリラックスしたりできる空間を提供する目的で加和太建設(静岡県三島市)が開設した。

1区タイバンルン通りキャピタルプレイスビルにある「コージー・ビジネスラウンジ・サイゴン」は33席、会議室1室からなる。16日から営業を開始し、開業時間は午前7時~午後9時45分と深夜・早朝フライトの出張者も利用できるようにした。

運営する加和太建設ベトナムの藤田敬太社長は、「空港のラウンジのような施設を都市部に持ってきた」と話す。仮眠が可能なブースや無料のドリンク、軽食、新聞・雑誌なども備える。料金は11月末まで3割引きで1時間10万ドン(4.4米ドル、約500円)~。きょう13日午後4~7時とあす14日午前10~正午には内覧会を開く。

加和太建設ベトナムは2015年設立で、民間商業銀行大手マリタイムバンク(MSB)と業務提携を結んでおり、日本企業のホテルやオフィスなど事業用不動産の取得などを支援している。ビジネスラウンジと同じフロアに11月にも若手起業家が集うインキュベーション施設を整備し、日越企業のマッチングを図る計画も進めている。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

旅行者の免税制度、普及せず 訪越者は好調も買い物消費が低調(12/15)

ASEANでネット普及支援 インド政府、人材開発でも協力(12/15)

【外国企業の日本戦略】画像認識技術で自動運転 【第12回】センスタイム、ホンダと開発へ(12/15)

ビナコミン、台湾企業と電気トラック生産へ(12/15)

コンテナ船の割合、国内船舶のわずか3%(12/15)

第4次産業革命、交通分野への影響大(12/15)

建設省の行政手続き改革、一定の成果上げる(12/15)

建材メーカーに環境基準の順守要請=副首相(12/15)

韓国MBG、ベトナムにLED照明輸出へ(12/15)

国営ゴムグループ、元トップら訴追へ(12/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン