北京市、初の自転車専用道路を整備へ

北京市交通委員会の関係者は11日、北京市内で初となる自転車専用道路「自転車高速路」の整備計画が進行中だと明らかにした。自転車以外の交通手段が進入できない自転車通勤者専用の道路として整備し、市民の自転車利用を促す狙いがあるとみられる。12日付新京報が伝えた。

市北部の天通苑エリア(昌平区)からハイテク企業の集積地である中関村エリア(海淀区)までの全長約9キロメートルに自転車専用道路を建設する。幅は5~7メートルとする予定。来年にも工事を始める。

関係者によると、中国国内では福建省厦門(アモイ)市に自転車専用道路が1本あるが、主に通勤用とする北京市とは異なり、観光・レジャー用として利用されているという。

北京市はまた、2016~20年に既存の自転車道と歩道3,200キロを対象に改修工事を行う計画だ。このうち今年は600キロの整備を完了する見通し。


関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 電力・ガス・水道運輸・倉庫社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

自動車金型など減税拡大、来年から税率調整(12/15)

11月の原炭生産2.7%減、9カ月ぶり縮小(12/15)

クラーク空港拡張、メガワイドの受注濃厚(12/15)

観光への影響長期化に懸念 バリ火山、中国人の減少が打撃に(12/15)

一帯一路の香港参画を促進へ 発改委と調印、金融など6分野(12/15)

日系各社、福利厚生で工夫 大気汚染対策や語学学習で駐在支援(12/15)

【外国企業の日本戦略】画像認識技術で自動運転 【第12回】センスタイム、ホンダと開発へ(12/15)

鴻海のIoT子会社、18年に上海A株上場へ(12/15)

レイザーが映画界参入、スクリーン供給へ(12/15)

11月の鉱工業生産、6.1%増で伸び鈍化(12/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン