デベンコと仏社が覚書、太陽光発電を調査へ

カンボジアの地場企業デベンコとフランスの電力・ガス大手エンジー(旧GDFスエズ)は、カンボジアでの太陽光発電事業の実現性を探るため覚書を交わした。クメール・タイムズ(電子版)が12日伝えた。 環境省の交流サイト(SNS)フェイスブックページへの投稿によると、両社…

関連国・地域: ミャンマーカンボジア
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

デロイトトーマツ、アジア太平洋での展開加速(07/16)

米中報復合戦、懸念増す 縫製関連品追加でリスク現実に(07/13)

証取所、中小企業にファンド活用を呼掛け(07/13)

【予定】13日 トランプ米大統領が初訪英ほか(07/13)

シアヌークビル、不動産業が急成長(07/13)

地方開発銀、コメ農家の融資需要拡大を予測(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン