デベンコと仏社が覚書、太陽光発電を調査へ

カンボジアの地場企業デベンコとフランスの電力・ガス大手エンジー(旧GDFスエズ)は、カンボジアでの太陽光発電事業の実現性を探るため覚書を交わした。クメール・タイムズ(電子版)が12日伝えた。 環境省の交…

関連国・地域: ミャンマーカンボジア
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

選挙法改正案が上院通過、施行が濃厚に(18:49)

「メコンIT化へ電力商機」 シーメンス地域社長、受注獲得へ(10/20)

リエル建て融資の金利低下、米ドルと同水準(10/20)

デルEMCが新サーバー、業務効率化を支援(10/20)

外資による観光インフラ整備に期待、観光相(10/20)

法律が野党締付けの武器に、国際法律委が懸念(10/20)

与党が3分の2確保も、野党の議席分配なら(10/20)

首相「国家反逆の新証拠」、救国党前党首に(10/20)

靴の特恵関税適用、縫製協会が米国に請願(10/19)

バングラへのコメ輸出に遅れ、最終合意まだ(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン