デベンコと仏社が覚書、太陽光発電を調査へ

カンボジアの地場企業デベンコとフランスの電力・ガス大手エンジー(旧GDFスエズ)は、カンボジアでの太陽光発電事業の実現性を探るため覚書を交わした。クメール・タイムズ(電子版)が12日伝えた。 環境省の交流サイト(SNS)フェイスブックページへの投稿によると、両社…

関連国・地域: ミャンマーカンボジア
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

最大野党党首が取り調べ、不適切な質問も(12/15)

港湾手続き電子化へ 日本が支援、モノの流れ円滑に(12/15)

ASEANでネット普及支援 インド政府、人材開発でも協力(12/15)

【外国企業の日本戦略】画像認識技術で自動運転 【第12回】センスタイム、ホンダと開発へ(12/15)

日本に介護実習生を派遣、政府が意向(12/15)

1~11月の税収30%増、通年目標上回る(12/15)

韓国系縫製工場で抗議活動、給料未払いで(12/15)

道路3千キロの整備悪く、民間投資活用を(12/15)

工作員養成学校を設置へ、首相が表明(12/15)

EU、ポルポト特別法廷に支援表明(12/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン