香港キャセイドラゴン、ヤンゴン線増便へ

香港の航空大手キャセイパシフィック航空の100%出資子会社、キャセイドラゴン航空(国泰港龍航空、旧香港ドラゴン航空)は、10月29日からヤンゴン―香港線を週4便増やす。ミャンマー・タイムズ(電子版)が12日伝えた。

現在、同区間で毎日運航しているが、増便で輸送能力を60%高める。香港をハブ空港として北東アジアなどに出向く旅行客の需要を取り込む。

キャセイパシフィック航空は香港を拠点に、米国サンフランシスコや豪州シドニー、欧州のロンドン、パリなどの各都市を結んでおり、今回の増便で乗り換え時間を短縮し利便性を高める狙いもある。

ヤンゴン―香港線は、キャセイドラゴンとミャンマー国営航空(MNA)の2社が運航している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

バガン遺跡地区、住民の生活規制を緩和(12/15)

通信TMH、公募増資へ 1月上場、説明会盛況(12/15)

港湾手続き電子化へ 日本が支援、モノの流れ円滑に(12/15)

ASEANでネット普及支援 インド政府、人材開発でも協力(12/15)

【外国企業の日本戦略】画像認識技術で自動運転 【第12回】センスタイム、ホンダと開発へ(12/15)

〔寄り道〕ミャンマー生活に欠かせない…(12/15)

インフラ整備協力推進、日緬首脳会談(12/15)

東部ミャワディ都市開発、吉林亜泰が投資か(12/15)

トヨタ製造会社、1~11月輸出が過去最多に(12/15)

配車ハロー、競争法違反でグラブを訴え(12/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン