テイクオフ:どうも気分が乗らないと…

どうも気分が乗らないときなどに、ウェブサイト上で過去の「テイクオフ」を読むことがある。日本人の目を通した当地の様子の一端が多少なりともうかがえる。業務に関する経済記事に目を通す間の、ちょっとした息抜きとしておすすめしたい。

10年前、2007年のきょうのテイクオフには「米国で購入してきたという『アイフォーン』」を持つインドネシア華僑が出てくる。最初のモデルが世に出たばかりの時期だ。現在でさえ、アイフォーンは最新機種の国内販売が認可されるかどうかという状況。このインドネシア華僑がいかに自慢げに最新の携帯端末をちらつかせていたかが目に浮かぶ。

さらにさかのぼって20年前。アジア通貨危機が影を差し、文章の端々に不穏な情勢が垣間見える。それでも現在と同じように、さまつなことで一喜一憂している日常に触れると不思議と安心する。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

1~9月の重機生産台数、6割増の4036台(19:09)

バタムFTZから撤退相次ぐ、経営陣を刷新(19:09)

ガルーダ、西ジャワ新空港と業務提携で合意(19:49)

LCGC販売台数が低調に 昨年から一転、融資規制が圧力に(10/20)

宇部興産と中国電力、石炭を共同で輸入(10/20)

【アジア三面記事】恋の結末はロマンス詐欺(10/20)

首都の高架道など6カ所、年内完工できず(10/20)

配車アプリの改正法を発表、シール貼付など(10/20)

シャープ、新型コードレス掃除機を発売(10/20)

たばこ税、来年1月から10%引き上げ(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン