テイクオフ:どうも気分が乗らないと…

どうも気分が乗らないときなどに、ウェブサイト上で過去の「テイクオフ」を読むことがある。日本人の目を通した当地の様子の一端が多少なりともうかがえる。業務に関する経済記事に目を通す間の、ちょっとした息抜きとしておすすめしたい。

10年前、2007年のきょうのテイクオフには「米国で購入してきたという『アイフォーン』」を持つインドネシア華僑が出てくる。最初のモデルが世に出たばかりの時期だ。現在でさえ、アイフォーンは最新機種の国内販売が認可されるかどうかという状況。このインドネシア華僑がいかに自慢げに最新の携帯端末をちらつかせていたかが目に浮かぶ。

さらにさかのぼって20年前。アジア通貨危機が影を差し、文章の端々に不穏な情勢が垣間見える。それでも現在と同じように、さまつなことで一喜一憂している日常に触れると不思議と安心する。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

テイクオフ:会社の専属運転手にまつ…(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

国内初LRTの開業が延期 パレンバン、全面開業は9月(07/16)

山梨県がトップセールス、果物の魅力PR(07/16)

伊藤園、無糖ウーロン茶飲料を販売開始(07/16)

出光興産が潤滑油第2工場建設、8割増産へ(07/16)

デロイトトーマツ、アジア太平洋での展開加速(07/16)

フリーポート現法の株式取得に38.5億ドル(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン