テイクオフ:シンガポールの中央商業…

シンガポールの中央商業地区(CBD)で、高層ビルに囲まれたとあるカフェバーで食事をした。職場がCBDにあるため、このエリアでランチをすることはあっても、わざわざ夜に出掛けることは少ない。

アラサーのおしゃれ女子たちに連れられて訪れたのは、午後8時までハッピーアワーとなっているカキがおいしいお店。時間内であればグラスワイン1杯につき、カキ3個までを1個2Sドル(約166円)で注文できる。これ目当ての客も多いのか、6時台からほとんどの席が埋まっていた。

酒豪女子たちと共に大量のカキをつついていると、あれだけたくさんいた客がほとんどいなくなっている。友人が「ハッピーアワーが終わったのね」と一言。定時上がりに食事に繰り出すことのできるCBDの人々は、どうやらお酒を飲むのにも、「定時」をきっちり守るようだ。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

PTT、シンガでカフェ・アマゾン展開へ(14:04)

テイクオフ:世界最大級の開閉式ドー…(04/26)

日本製食品機械の魅力をPR 日食工、FHAにパビリオン開設(04/26)

海事庁、産業展示会で7つの契約・覚書締結(04/26)

コンフォート、ゴジェックと提携交渉か(04/26)

ヌーラボ、コミュニティースペース開設(04/26)

シングテルなど3社、W杯放映権を共同で獲得(04/26)

企業庁、ジャーマンアクセラレーターと提携(04/26)

国内2社、貿易プラットフォーム構築で提携(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン