OCBCとスターハブ、顧客体験向上へ提携

シンガポールの金融大手OCBC銀行と通信大手スターハブは9日、顧客体験の向上に向けた戦略提携を結ぶと発表した。シンガポールの金融、通信業界間で同様の提携は初という。

両社の提携は、向こう数年で消費者の生活に密着した異業種間の連携を深める構想の第1弾となる。同構想の対象には運輸、小売り、保険、医療・福祉、不動産などの業種が含まれる。

OCBCとスターハブは向こう1年で、各種研究や技術開発に600万Sドル(約4億9,550万円)を投じる。共同でデータを分析し顧客のニーズを把握することで、合わせて500万人を超える顧客により多くの関連サービスなどを提供していく考えだ。自宅や職場、外出先など場所を問わないサービスを実現するため、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)の活用も模索する。

両社はこの日、戦略提携を記念して、OCBCのオーチャードゲートウエー店内に、初となる共同のショップインショップを開設。顧客は一つの窓口で、金融サービスと通信・エンターテインメントサービスに関する手続きを同時に行える。今後、同様のショップインショップを増やしていく方針だ。

両社の既存・新規顧客はこのほか、同日立ち上げられたサイト「www.innovatingtogether.sg」に登録すれば、スターハブへの1年分の支払いについて、追加で3%の払い戻しが受けられる。1カ月当たり最大5Sドルの払戻金をOCBCのクレジットカードの支払いに充てるか、同行の口座残高に加えることができるという。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

サントリーの現地子会社、豪などの3社を売却(10/20)

車両購入権価格、3項目で値上がり(10/20)

【外国企業の日本戦略】「ラスト1マイル」の御用聞き 【第8回】シンガポール新興企業(10/20)

モバイル決済アプリ「NETSペイ」が登場(10/20)

【アジア三面記事】恋の結末はロマンス詐欺(10/20)

サントリー食品、豪NZ事業売却(10/20)

SGXとナスダックが提携、二重上場可能に(10/20)

損保チャブ、旅行者向けアプリの提供開始(10/20)

フィンテックの新銀行ITF、香港に本店(10/20)

産廃処理ゼネラル、合弁でめっき排水事業(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン