盛り上がるフィットネス産業 外資進出相次ぐ、日本は様子見

タイでフィットネス産業が活況を見せている。過去数年で外資系企業が運営するフィットネスクラブが相次いで参入し、エクササイズ用マシンやエアロビクス教室などの需要が拡大。市場の競争激化などの影響で撤退する企業も出る中、日本企業は様子見の状態が続いている。【安成志津香…

関連国・地域: タイ
関連業種: 商業・サービス観光・娯楽社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マスクを付けているとけ…(02/21)

【変革するタイ農業】東北部から有機牛乳を発信 デアリー、大手小売りに販路開拓(02/21)

ラオス通信がIPO計画、今年は53億円投資(02/21)

富士フイルムが新型カメラ、BNK48を起用(02/21)

日立が国営郵便の電子化支援へ、私書箱など(02/21)

デジタルID事業、日系OMISEが協力(02/21)

ランヒル、タイで水処理施設の改修を受注(02/21)

タイ大林、TCC複合施設の建設受注(02/21)

チワタイ、低層住宅重視で新規開発7件(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン