盛り上がるフィットネス産業 外資進出相次ぐ、日本は様子見

タイでフィットネス産業が活況を見せている。過去数年で外資系企業が運営するフィットネスクラブが相次いで参入し、エクササイズ用マシンやエアロビクス教室などの需要が拡大。市場の競争激化などの影響で撤退する企業も出る中、日本企業は様子見の状態が続いている。【安成志津香…

関連国・地域: タイ
関連業種: 小売り・卸売りサービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

インフラ予算、上期7千億円 総選挙前に大型PPP案件加速も(09/21)

8月の新車販売、28%増の8.7万台(09/21)

8月の新車販売(表)(09/21)

ボンバルディア、22年までに受注倍増見込み(09/21)

タイ中鉄道第2区間、来年初めに業者確定(09/21)

首都空港の旅客ビル設計、盗用疑惑も契約へ(09/21)

パナがプロジェクター投入、高級市場に照準(09/21)

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

石灰製品ゴールデン、買収効果で20%増収へ(09/21)

【予定】21日 8月消費者物価指数ほか(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン