• 印刷する

テイクオフ:くん煙式の殺虫剤は飛行…

くん煙式の殺虫剤は飛行機への持ち込みも、預け入れもできない――。危険物を持ち歩くことはそうないし、液体物の機内持ち込みが制限されていることだけに留意していたが、殺虫剤は盲点だった。

一時帰国からフィリピンへ戻るため、羽田空港でチェックインを済ませ、商業施設内をぶらついていた時。聞き覚えのある名が聞こえてきた。「フィリピン航空○便にご搭乗の△様、至急出発口へお越しください」。自分の名が連呼されている。搭乗時刻まではまだ1時間ほどある。

出発時刻が変更になったのか、と焦りながら走る。搭乗口に着くと、スーツケースを前に係員が「殺虫剤が入っているようなので、開けてください」。3個で2,000円以上した殺虫剤はあえなく没収。アパートの部屋に出没する虫たちを一網打尽にする構想は霧散した。週末は現地スーパーで強力な殺虫剤を探してみるか。(谷)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

18年3QのGDP成長率、6.0%に下方修正(13:21)

国産ハイブリッド鉄道車両、3月から試験(12:11)

テイクオフ:フィリピンにはバスケッ…(01/23)

プライバシー権、認識足りず マニラのシンポで識者が警鐘(01/23)

「マニラ信金会」初開催、現地支援を強化(01/23)

22日為替:$1=52.930ペソ(↓)(01/23)

航空電子、車載カメラ向けコネクタ生産開始(01/23)

サンミゲル、ケソン州にセメント工場を提案(01/23)

現代自動車の18年販売、6%減の3.5万台(01/23)

19年度予算案が上院通過、2月頭の成立視野(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン