テイクオフ:くん煙式の殺虫剤は飛行…

くん煙式の殺虫剤は飛行機への持ち込みも、預け入れもできない――。危険物を持ち歩くことはそうないし、液体物の機内持ち込みが制限されていることだけに留意していたが、殺虫剤は盲点だった。

一時帰国からフィリピンへ戻るため、羽田空港でチェックインを済ませ、商業施設内をぶらついていた時。聞き覚えのある名が聞こえてきた。「フィリピン航空○便にご搭乗の△様、至急出発口へお越しください」。自分の名が連呼されている。搭乗時刻まではまだ1時間ほどある。

出発時刻が変更になったのか、と焦りながら走る。搭乗口に着くと、スーツケースを前に係員が「殺虫剤が入っているようなので、開けてください」。3個で2,000円以上した殺虫剤はあえなく没収。アパートの部屋に出没する虫たちを一網打尽にする構想は霧散した。週末は現地スーパーで強力な殺虫剤を探してみるか。(谷)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 経済一般・統計社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

クラーク空港運営、日系含む数社が応札検討(14:02)

シティコア、太陽光発電所5カ所を買収(14:01)

税制改革第2弾の前に第1弾見直しを、下院(13:31)

テイクオフ:結構雑な感じで鉄筋を束…(05/22)

円借款の鉄道建設2件を入札 土木工事など、来月1日に説明会(05/22)

古河電工、100億円で車用組み電線工場増強(05/22)

配車グラブ、来月までに料理宅配事業を開始(05/22)

エアアジア、年内に現法をPSE上場へ(05/22)

新ジプニー初乗り運賃、2ペソ引き上げ申請(05/22)

VWが中国製5モデル投入、欧州から切替え(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン