タイ産鮮魚を和食店に供給 漁業に日本の技、来年にも導入

タイ産の鮮魚をバンコクなどの日本料理店に流通させる取り組みが進んでいる。鮮魚店を営む食の力コーポレーション(山形県新庄市)が日本式の「活け締め」や「神経締め」の技術などをタイに導入し、魚の鮮度を保つ事業を計画。来年にも現地法人を設立する方針だ。一方、日本食レス…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産商業・サービス


その他記事

すべての文頭を開く

アマタ大学、台湾大学と科学修士課程を開設(18:44)

テイクオフ:サッカーのW杯が始まっ…(06/20)

東芝、家電市場でトップ3へ 新商品投入を強化、生産拡張も(06/20)

タイ国境鉄道、7月開通へ調整急ぐ(06/20)

東京海上、東南ア損保2社を428億円で買収(06/20)

政府インフラファンド、第2弾を計画(06/20)

信用保証公社、企業の技術格付システム開発(06/20)

米利上げへの追従は不要、財務相が見解(06/20)

19日為替:$1=32.815 バーツ(↓)(06/20)

APホンダ、カブハウス2号店を東北に出店(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン