タイ産鮮魚を和食店に供給 漁業に日本の技、来年にも導入

タイ産の鮮魚をバンコクなどの日本料理店に流通させる取り組みが進んでいる。鮮魚店を営む食の力コーポレーション(山形県新庄市)が日本式の「活け締め」や「神経締め」の技術などをタイに導入し、魚の鮮度を保つ事業を計画。来年にも現地法人を設立する方針だ。一方、日本食レス…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産小売り・卸売りサービス


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:友人と買い物に行った際…(09/20)

8月の車生産、2%増に減速 国内向け好調も輸出向けが下落(09/20)

8月の車輸出0.4%減、10カ月ぶりマイナス(09/20)

英IHS、30年までにEV60万台を予測(09/20)

物流DHL、EC事業を強化(09/20)

【予定】20日 東京ゲームショウ2018ほか(09/20)

ブリラムなど地方4空港、AOTに運営移管(09/20)

【訃報】鳥羽雄一氏(元日本カーボン社長)ほか(09/20)

不動産の買戻特約付売買、閣議で草案を承認(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン