タイ産鮮魚を和食店に供給 漁業に日本の技、来年にも導入

タイ産の鮮魚をバンコクなどの日本料理店に流通させる取り組みが進んでいる。鮮魚店を営む食の力コーポレーション(山形県新庄市)が日本式の「活け締め」や「神経締め」の技術などをタイに導入し、魚の鮮度を保つ事業を計画。来年にも現地法人を設立する方針だ。一方、日本食レス…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産小売り・卸売りサービス


その他記事

すべての文頭を開く

二輪ロイヤル、タイ子会社の設置を計画(12/10)

ジャパンフーズ、海外進出で地場同業と合弁(12/10)

【高齢化の諸相】官・学・病院で地域包括ケア 佐久市のノウハウ、介護に生かす(12/07)

車フィルムのソーラー、地方展開本格化(12/07)

【アジア三面記事】LGBTに罰金8千円(12/07)

GM、北米での工場閉鎖はタイに影響なし(12/07)

アジアの19年昇給率5.4%に鈍化、NNA調査(12/07)

グリーンライン運営権入札、来年1月に実施(12/07)

アルミSUS、タイ事業に3年で20億円投資(12/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン