• 印刷する

豪移民流入で人口増加最速、インフラを圧迫

オーストラリアの人口増加ペースが過去9年間で最高を記録した。特に2大都市のシドニーとメルボルンでは人口流入が2009年以来の最大の増加となった。流入の大半が、人口増加の6割を占める海外からの移民だ。インフラと住宅が需要増に追い付かず、連邦・各州政府のインフラ投資の拡充が重要課題となっている。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

オーストラリアの人口は1990年以降40%増加し、1,720万人から2,450万人となっている。豪政府統計局(ABS)によると、今年1~3月の四半期の人口増加は12万6,000人で、年間人口増加率1.6%のニューサウスウェールズ(NSW)州と、同2.34%のビクトリア(VIC)州がけん引した。

過去1年間の純移民流入総数は23万1,900人で、NSW州と州都シドニーに9万人以上、VIC州に8万人以上が移住した。

銀行最大手コモンウェルス銀行(CBA)上級エコノミストのワークマン氏は、インフラ投資の維持・継続の必要性を強調し、2006年以来、毎年約30万人の出生数が続いているシドニーとメルボルンでは、特に社会・経済インフラへの圧力が大きくなっていると指摘している。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアの母の日…(05/21)

保守連合、過半数確保へ 首相「所得税減税早期実現へ」(05/21)

保守連合は安定した企業優先の政策を=財界(05/21)

エネ業界、新政府に長期的な政策策定を要求(05/21)

豪、最高格付けAAAを保持も今後に課題(05/21)

労働党敗因は一貫性欠如、党内分裂も表面化(05/21)

物言わぬ有権者が結果を決めた=2大全国紙(05/21)

落選のアボット元首相、次は駐米大使?(05/21)

豪ヴァージン再び赤字予想、運航数削減へ(05/21)

〔ポッサムのつぶやき〕オーストラリア人、寿命の伸び頭打ち?(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン