ミョータ工業団地の開発手法批判、人権連盟

ミャンマー第2の都市マンダレーの南西近郊で開発された、ミョータ工業団地について、非政府組織(NGO)の国際人権連盟(FIDH)は27日、行政当局や投資家が土地収用の法的枠組みの欠陥を悪用し、14村で1,000家族以上が土地を失ったとの見解を示した。ミャンマー・タイムズ(…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

タイのイチタン、ダゴンとエナジー飲料発売(13:38)

今年度成長率は6.5%予測 世銀、自由化と製造業の伸びけん引(06/19)

スズキ、バイクの卸売に参入(06/19)

IFCがヨマ銀株主に、地場銀初の外国株主(06/19)

鹿島の複合開発、タイ系ホテル2軒が入居へ(06/19)

トタルとシーメンス、発電所計画の縮小提案(06/19)

スー・チー氏、ASEAN首脳会議に出席へ(06/19)

19年度予算案を財政委が承認、議会提出へ(06/19)

観光省、業界での米ドル決済禁止を再通知(06/19)

水不足でキャベツ収穫量が激減、価格が高騰(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン