噛みたばこの危険性訴え、政府がキャンペ

ミャンマーで11日、噛みたばこやビンロウの危険性を国民に周知させる政府のキャンペーンが始まった。テレビやラジオで、噛みたばこが原因で実際に口腔がんなどに冒された患者が出演する約30秒のメッセージを流し、国民に噛みたばこの危険性を訴えていく。ミャンマー・タイムズ(電子版)が12日伝えた。

噛みたばこの一種であるビンロウはミャンマーの慣習の一つとして、700万人以上がビンロウの種と石灰を葉で包んだものを噛む「ベテル・チューイング」が習慣になっている。だが報道によれば、噛みたばこは口腔がんの原因の第1位で、ミャンマーでは毎年6万人以上が噛みたばこを原因とする疾患で命を落としている。

アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相は国民に向け「健康を維持するためベテル・チューイングを避けてほしい」と訴えている。政府は2016年5月、政府庁舎や学校、病院での噛みたばこを禁止した。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ラカイン北部に血液銀行 日本の官民支援で設置(01/22)

日緬環境週間開催、政策協力を拡大へ(01/22)

工科大生2人に奨励賞、本田財団(01/22)

デジタル経済基本計画策定へ、開発委(01/22)

建設相にハン・ゾー氏を指名(01/22)

エヤワディ管区の新首相、経済発展に意欲(01/22)

アマタホテル、19年までに5軒が新たに開業(01/22)

ネット上の表現の自由悪化=民間調査(01/22)

製造各社、ミャンマーで生産能力強化(01/22)

コメ業者の詐欺で被害4.6億円、経営者逃走(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン