新菱冷熱、ペトロナスのプラント拡張工事受注

新菱冷熱工業(東京都新宿区)は12日、マレーシアの現地法人である新菱マレーシアが、国営石油会社ペトロナスからパハン州ゲベン地区のコージェネレーションプラント拡張工事を受注したと発表した。

工事は、ゲベン地区の電力需要、蒸気需要の増大に対応するために既存のプラントを拡張するもの。新たなガスタービン1基(発電出力35メガワット=MW)と排熱回収ボイラー1基(追焚時の蒸気供給120トン/時間)を増設する。現地パートナーとコンソーシアム(連合)を組み、設計、調達、建設、試験運転までを一括で請け負う。2018年10月の引き渡しを予定している。

新菱マレーシアは1983年の設立以降、建設設備を中心に事業を展開。2000年以降は大規模コージェネレーションプラント建設など、多くの事業に参画している。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「正月のダナンは寒いら…(11/20)

【書籍ランキング】11月2日~11月8日(11/20)

3QのGDP、前年比6.2%増 約3年ぶり高成長、民間投資活発(11/20)

3Q経常収支、125億リンギの黒字=前期比増(11/20)

トヨタがプロトン抜き3位に=10月新車販売(11/20)

日月光、シンガとマレーの封止・検査を増強(11/20)

環境保護法の制定を計画、罰則・取締り強化(11/20)

ナジブ首相、手術後のアンワル氏を見舞う(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン