インド企業のM&A取引額、8月は46%減

米系会計事務所大手グラントソントン・インディアによると、インド企業が関係した8月のM&A(合併・買収)取引額は、前年同月比45.8%減の9億3,900万米ドル(約1,033億4,600万円)だった。取引件数は前年同月と同じ48件。PTI通信が12日に伝えた。

グラントソントン・インディアのパートナー、プラシャント・メラ氏は取引額が大幅に縮小した理由について、大型案件が少なかったことが一因と指摘。また、7月に全国統一税制、物品・サービス税(GST)が導入されたことを受け、海外企業が「様子見」の姿勢を示したことも影響したとの見方を示している。

分野別では、インフラ部門が全体をけん引した。主要案件は、インフラ開発企業ディリップ・ビルドコン(DBL)による地場投資会社シュレム・グループへの資産売却。取引額は2億5,000万米ドルに達し、同部門で今年最大の案件となった。

1~8月の累計は取引件数が280件、取引額は前年同期比49%増の321億9,000万米ドルだった。


関連国・地域: インド
関連業種: 経済一般・統計金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドのチーズ「パニー…(09/21)

再エネ展示会、日系10社が出展 次世代技術やロボット売り込み(09/21)

VW、部品供給拠点を拡充へ(09/21)

ダイムラー、ユーロ5対応のトラックを発売(09/21)

伊ベネリ、スポーツバイクTNTで新モデル(09/21)

中国製タイヤにAD関税、最大452ドル(09/21)

インドで韓国製品アピール、輸出多角化へ(09/21)

タタ製鉄、独同業と欧州事業を統合へ(09/21)

鉄鋼業界の採算は短期間で改善=ICRA(09/21)

〔ポッサムのつぶやき〕オージーはもっと外国語を、日本語も人気(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン