豪政府、電力政策CET見直し 石炭火電を当面重視

オーストラリアで電力価格が上昇を続けている。ターンブル首相は13日、電力市場の改革案フィンケル・レビューで提示されている二酸化炭素(CO2)の排出量が少ない発電手段を推進する新たな環境政策案「クリーン・…

関連国・地域: 中国台湾韓国ベトナムインドネシアフィリピンオーストラリア日本アフリカ
関連業種: 経済一般・統計天然資源電力・ガス・水道金融・保険政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:パースへ初めて行った。…(09/20)

高級車販売台数、曲がり角 住宅価格低迷の予兆?(09/20)

政府、消極投資ファンドを法人減税から除外(09/20)

豪政府、サウジ系太陽光発電に補助金3億$(09/20)

T7グローバル出資の豪企業、原油採掘成功(09/20)

〔オセアニアン事件簿〕ナイン最大株主、民放テン買収巡り控訴へ(09/20)

マウントパイパー石炭火発は増強せず=EA(09/20)

WA政府と産金企、賦課金引上げ案で対立(09/20)

QLD州のLNG輸出衰えず、最高水準維持(09/20)

スパライ、サトンの豪大使館敷地を取得(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン