豪政府、電力政策CET見直し 石炭火電を当面重視

オーストラリアで電力価格が上昇を続けている。ターンブル首相は13日、電力市場の改革案フィンケル・レビューで提示されている二酸化炭素(CO2)の排出量が少ない発電手段を推進する新たな環境政策案「クリーン・エネルギー・ターゲット(CET)」を見直すことを明らかにした…

関連国・地域: 中国台湾韓国ベトナムインドネシアフィリピンオーストラリア日本アフリカ
関連業種: 経済一般・統計天然資源電力・ガス・水道金融・保険政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オージー英語の特徴の一…(02/21)

豪医療保険3位と5位、合併へ シェア19%、再編加速も(02/21)

法改正でFWCに賃上げ支援権限=労働党(02/21)

NAB、まず1000人の人員削減へ(02/21)

〔政治スポットライト〕国民党幹部、副首相の退任要求高まる(02/21)

豪企業の業績堅調、株式市場も強気の見通し(02/21)

労組、鉄鉱石港の労使協定でBHP提訴か(02/21)

豪政府、CO2排出削減で新目標=報告書(02/21)

〔政治スポットライト〕豪、英に高技能者就労ビザの円滑発給要求(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン