1トン以下の鉄鋼製品輸入を簡素化

インドネシアの貿易省が、総量1トン以下の鉄鋼製品の輸入手続きを簡素化することが13日までに明らかになった。同日付ビスニス・インドネシアが伝えた。

鉄鋼および鉄鋼製品の輸入規制に関する貿易相令『2016年第82号』を改正し、『17年第63号』を公布する。

主な改正点は、通関書類の一つだった、政府指定のサーベイヤーによる船積み前検査結果(サーベイヤーリポート:LS)の提出義務がなくなったことと、輸入した鉄鋼製品の検査を使用前に限って輸入業者の倉庫でも行えるようにしたこと。

インドネシア鋼材輸入業者連盟(Gipkabi)のハルタルト事務局長は今回の規定改正について、「輸入業者の倉庫で検査ができるようになったとしても、倉庫に到着してから検査官が来るのを待つ必要がある。到着後すぐ使用できなければ、倉庫が満杯になった場合、別の倉庫を確保しなければならなくなる」と懸念を示している。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 経済一般・統計鉄鋼・金属

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先日、出張先の東京から…(01/24)

17年の訪韓外国人数22.7%減 THAADが東南アジア圏に影響(01/24)

ブラザー、2月に新商品発売 プリンターなど法人向け販売強化(01/24)

ジャワ島西部でM6.1の地震、首都でも揺れ(01/24)

株価指数6600台突破、6営業日連続で最高値(01/24)

今年中盤からは緩やかなルピア安=みずほ銀(01/24)

ダイハツ、17年通年の小売りシェアは17%(01/24)

インドネ国営メーカーに2編成発注、国鉄(01/24)

三菱自、エクスパンダーの月産台数引き上げ(01/24)

不動産情報サイト99.co、インドネシア同業買収(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン