シーメンス、ヤマハから開発ソフト受注 デジタル売上比、日本は7割へ

ドイツ総合電機大手のシーメンスこのほど、ヤマハ発動機から二輪車の開発に関する製品シミュレーションやデジタル化のソフトウエアを受注した。シーメンスの日本法人は2020年までに売上高の6~7割をデジタル関連事業とする方針だ。製造業や電力インフラなどの分野でデジタルサー…

関連国・地域: 日本欧州
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車IT・通信製造一般電力・ガス・水道金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィンランドのクラリネ…(01/22)

ラカイン北部に血液銀行 日本の官民支援で設置(01/22)

【書籍ランキング】1月4日~1月10日(01/22)

豪新車販売を拡大、IDOM 3年内に最大手目指す=羽鳥社長(01/22)

マツダ、エンジン生産を増強 タイからASEANに供給(01/22)

ヨックモック、4月に2号店 売れ行き好調、カフェ業態も検討(01/22)

18年もシェア維持目指す プロドゥア、17年は前年割れ(01/22)

日緬環境週間開催、政策協力を拡大へ(01/22)

米国経済界、トランプ政権の経済運営を評価(01/22)

国交樹立60年記念式典を開催 両国代表、若者の交流強化で一致(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン