建設工事の受注急減、雇用にも悪影響か

韓国経済の成長をけん引してきた建設業に暗雲が漂い始めた。新政権の不動産規制に加え、来年は社会インフラ予算が削減される。建設工事の受注急減により、雇用の減少も懸念される。 大韓建設協会によると、7月の国内建設工事の受注額は9兆7,985億ウォン(約9,480億円)で前年同…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

18年連続で満足度1位、韓国富士ゼロックス(16:17)

地場中堅VINE、大阪のホテル運営権取得(14:51)

テイクオフ:このところ、消費生活が…(10/16)

中小企業の海外投資が急増 内需低迷、雇用減加速に懸念(10/16)

9月失業率3.6%、0.3P悪化=統計庁(10/16)

韓国路線好調のベトジェット、新路線開設へ(10/16)

SKが中国事業を加速、「第2の内需」に(10/16)

愛敬グループ、創業家の支配力が強固に(10/16)

当面は高級車に注力、起亜自の現法社長(10/16)

LGU+とLS、農業分野で5Gを活用(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン